盛岡の暖かい家|床暖房のいらない家|高気密高断熱住宅|省エネ住宅|冬でも裸足で快適

盛岡の暖かい家 高性能住宅 田村工務店

ジョイ・コスパネル

高断熱 暖かい家づくり

盛岡で暖かい家に住むなら断熱パネルにも気をつけよう

投稿日:

盛岡で暖かい家に暮らすには、優れた断熱材が不可欠です。

ジョイ・コスの断熱パネルは、
炭化コルクと硬質ウレタンフォームを
一体化した複合断熱パネルです。

ジョイコスパネル

複合断熱パネル

コルクが元来もっている性質に、
炭化することで炭のパワーもプラスされ
更には断熱材の中でも一、二を争う高性能な
断熱素材であるウレタンフォームと
組み合わせることでこれまでにない
断熱パネルが生まれました。

ポイント

優れた断熱性


硬質ウレタンフォームは断熱素材の中でも
特に優れた断熱材です。
ウレタンと同じ断熱性能をグラスウールで
求めるには倍の厚さが必要になるほどです。

その上に、ジョイ・コスパネルでは、
コルクの断熱性能も加わります。
コルクは、1㎡あたりで4000万個もの空気を
内包した微細な細胞から構成されています。
その優れた断熱性と自然素材の安全性から、
スペースシャトルの断熱材にも採用されていました。

コルク自体も気泡がたくさん

 

ポイント

防湿性・耐水性能


硬質ウレタンは独立気泡構造のため、
吸水率が低く、防水性に富んでいます。
そのため、水や湿気の侵入を防ぎ、
吸水による断熱性能の低下がありません。

素材自体が結露しにくい性質を持っているため、
いつまでも変わらない住宅性能を保つのに役立ちます。

断熱素材の中には、
吸水しやすい性能を持つものもあるので、
施工時に防湿処理が甘いと、
その性能を発揮しきれずに意味のない
断熱材へと変わってしまうモノもあります。

ジョイ・コスパネルで採用しているコルクには
優れた撥水性があり、水に強く、腐らず、
化学変化を起こしにくいという特徴があります。

さらにコルクを炭化させたメリットとして、
コルクの気泡部分が空気中の余分な水分を吸収したり、
吐き出したりと、調湿効果をもたらします。

独立気泡構造

水や湿気の侵入を防ぐ

 

ポイント

環境性能


従来のウレタン断熱材は、
フロンガスを使用しているため地球のオゾン層を
破壊する弊害がありました。

しかし、ジョイ・コスパネルは、
フロンガスを使わずに水処方によるウレタン発泡技術を
採用しているため、地球環境にとても優しいパネルです。

発泡の様子

花巻の工場見学で見られる

もちろん炭コルクは天然素材であり、
化学物質を一切含んでおらず、たとえ熱を加えても
化学反応は起こりません。

コルクの木は、200年~250年の寿命を持ち、
コルクの元となる木の皮を採取した後、
9年~10年で元通りになるという不思議な力を持っています。
天然循環型の素材であり、資源を枯渇させる心配もありません。

炭化コルク

自然由来のコルク

 

ポイント

吸音性


ウレタン断熱材は、その硬質性から
外からの音をシャットアウトする特徴があります。

その反面、室内の音を逃がしにくく、
音が反響しやすいというデメリットがありました。

そのマイナス面を優れた吸音性を持つコルクが補ってくれます。

ジョイ・コスパネルは防音性と吸音性をも兼ね備えた
これまでに類を見ない断熱材と言えます。

ポイント

不思議な炭化コルクの特性


炭化させることでコルクは、吸着性能を有するようになります。
有害化学物質であるホルムアルデヒドやVOC(揮発性有機化合物)を
吸着するほか、様々なニオイを吸着する性質もあります。

遠赤外線効果で暖房性能を高める働きも認められています。
さらには、マイナスイオンを発生させる効果まで期待できるなど、
素晴らしい特性で、住環境に数々のメリットをもたらしてくれます。

家づくりに遠慮は禁物!気になったらすぐにご相談を!

暖かい家づくりサポーター

村上洋樹
Facebookでも日々の情報を発信しています。
友達申請お待ちしています(*^^*)
メッセンジャーでのご連絡は大歓迎です。

メールでのお問い合わせ
コチラのフォームからお願いします。

-高断熱, 暖かい家づくり
-, ,

Copyright© 盛岡の暖かい家 高性能住宅 田村工務店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.