盛岡の暖かい家|床暖房のいらない家|高気密高断熱住宅|省エネ住宅|冬でも裸足で快適

盛岡の暖かい家 高性能住宅 田村工務店

ビニールハウス

暖かい家づくり

盛岡で暖かい家に暮らすなら床暖房は必要か?

投稿日:

寒い盛岡で、暖かい家に住みたい!
そんな願望を叶えてくれる設備の1つが床暖房です。

冬の寒い時期に大活躍する床暖房は、
北国に住む人なら一度は憧れる設備だと思います。

床暖房

床暖房いる?

 

そんな床暖房ですが、
メリットもあれば、デメリットもあります。

 

結論からお伝えすると、
本当に性能の良い家であれば、
床暖房は無くても十分暖かいと言えます。

 

暖かい空気は上昇し、
冷たい空気は下降することは、
皆さんご存知だと思います。

熱気球を思い出してみて下さい。
バーナーで空気を暖めて上昇してますよね。

 

家の中で、足元が寒く感じるのは、
暖かい空気が膨張し、上昇して、
目には見えないわずかな隙間から
暖かい空気が逃げていき、

かわりに、床のように低い方から
冷たい空気が入って来るから。
それ自体は自然の摂理なので、止めようがありません。

そして、
足元が冷えてしまいがちなために、
床を暖めようという発想になりました。
(この発想も自然な流れだと思います)

 

しかし、問題なのは、

 

家の中で、
暖かい空気と、冷たい空気が混在していること。

高気密化が進む現代の住宅で、
場所によって温度差があること自体が、
問題と言ってもいいかも知れません。

 

家の中のどこの空気も一定の温度であれば、
足元が寒いという現象自体が起きません。

 

気密がしっかりとしていない為に、
せっかく暖めた空気が上昇し、逃げ出し、
かわりに冷気が入り込んでくるという、
悪循環です。

これまでの流れを、
気密がすごいビニールハウス(A図)と
グラスウールハウス(B図)で説明します。

ビニールハウス(A図)と
グラスウールハウス(B図)の
どちらが上下の温度差が少なく、暖かいと思いますか?

ビニールハウス

AとBのどちらが暖かい?

 

 

条件はどちらも同じ。
外気温は0℃で、中では20℃になるように
ストーブをつけます。

 

暖房器具によって
暖められた空気は膨張し、軽くなり
上昇します。

Aのビニールハウス断熱材では無いので、
表面温度は外気温そのもの!

よって上昇した暖かい空気が
上部の冷たいビニールにぶつかると
空気が冷やされ下降します。

下降した空気がまた暖房器具によって
暖められ上昇し
これを繰り返すことによって
「対流」が生じ
上部と下部の温度差がなくなります!

よって正解はAのビニールハウスとなります!

ビニールハウス

答えはAでした!

では、断熱材で覆っている
Bのグラスウールハウスは?

暖められた空気は上昇し
グラスウールの繊維の隙間を突き抜け
上部から暖められた空気が逃げて行きます。

そしてハウス内の空気は逃げた分だけ
真空にはならずに
外気の0℃の冷たい空気が侵入し、
足元はいつも冷たい状態が続いてしまします。

Aのビニールハウスはと言うと
気密だけ良くても
そこには結露が発生しており
それを塞ぐには
ビニールハウスの上から(外側)
グラスウールで覆うことで
暖められた空気を保温することができます。

暖かい床

家中どこでもあったか!

【結果】

隙間が多い(気密が悪い)と
上下の温度差が生じてしまい
足元が冷えてしまう事を防ぐために
床暖房が必要なのだと言っても
過言ではありません。


 

家づくりに遠慮は禁物!気になったらすぐにご相談を!

暖かい家づくりサポーター

村上洋樹
Facebookでも日々の情報を発信しています。
友達申請お待ちしています(*^^*)
メッセンジャーでのご連絡は大歓迎です。

メールでのお問い合わせ
コチラのフォームからお願いします。

-暖かい家づくり

Copyright© 盛岡の暖かい家 高性能住宅 田村工務店 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.