構造見学会チラシ

イベント・ワークショップ

床暖房のいらない家の秘密がわかる「構造見学会」in盛岡

2021年4月17日、18日(土・日)
岩手県盛岡市にて、
「床暖房のいらない家」の構造見学会を
開催いたします。

構造見学会

私たち、田村工務店は
「床暖房のいらない家」
「冬でも裸足で快適な家」
「高気密高断熱で省エネな家」
を通じて、
家族が健康で、無理のない資金計画で、
人生を楽しんでいけるお手伝いを致します。

 

家族の仲が良いこと。
家が安心安全な場所であること。
家に帰れば、心の平安があること。
ホームとは「建物」ではなく、
心の繋がりの場。

家づくりを通じて、もっと幸せに。

 

構造見学会は、
これから家づくりを考える人にとって
どんなものなのか?

 

一番大切なのは、
完成してからは見えない所をみること。

 

高気密、高断熱の根拠となる部分を
自分の目で見て、確認することです。

 

性能の良い家に住みたい方は、
完成見学会よりも、
構造見学会の方が、
おすすめです。

 

壁の内部、天井裏など
パッと見ではわからない部分に、
大切な性能の要があります。

 

 

 

 

逆に、
「性能よりもデザインが気になる~」
という方には、
構造見学会よりも
完成見学会の方がおすすめです。

 

家づくりは多くの人の
価値観が反映されます。
施主さんの価値観
工務店の価値観

 

さらには、
施主さんも一人ではなく、
家族であることが多いので、

細かく言えば、
お父さんの価値観。
お母さんの価値観。
子ども達の価値観。
おじいちゃんの価値観。
おばあちゃんの価値観。

 

みんなの価値観が
一つの家に集まります。

でも、大切な大切な
価値観は目に見えないので
厄介でもあります。

 

家族で一緒に見学会に参加して、
一緒に見て、
一緒に聞いて、
一緒に感じて、

それを話題に、
家づくりについて
ワイワイガヤガヤと
話せる時間が大切です。

 

価値観が
目で見てわからないのと
同じように、
家の性能も、
外観だけ見て分かるものでは
ありません。

 

だからこそ、
完成してからでは見られない所に
注目してとことん見て頂きたいです。

 

【構造見学会の見どころ】

①気密処理

最近では、
「断熱」という言葉が
一般的に認知されてきました。

しかし、
どんなに素晴らしい性能の断熱材も
気密処理の精度によって
断熱性能に差が出ます。

 

どんなに高級な毛皮のコートでも
穴が空いていたら台無しですよね。。。

気密テープ

気密テープ

気密テープ2

 

 

 

 

 

 

 

田村工務店の家づくりでは、
これでもかッ!!!
というくらいに気密処理をします。

 

気密テープを使って、
木材の連結箇所、断熱パネル、
窓周り、配線配管など

穴という穴、
隙間という隙間を
全て処理します。

そして、
気密測定試験を必ず2回実施します。

 

その時に、
重要視するのが、数値です。

気密測定

気密測定で明確な数字が出る

 

 

 

 

 

 

当社で取り入れている
ジョイ・コス住宅システムでは、
気密測定を義務化していて、
気密レベルはC値0.5cm/㎡以下
最低基準としています。

 

しかし実際の引き渡し物件の
気密レベルは、0.1cm/㎡~0.2cm/㎡
くらいです。

 

このわずかな数値の差が
どれくらいなのか??

これを体感できるのも
見学会の醍醐味です。

 

②断熱パネル

当社で採用している断熱パネルは
炭化コルクと硬質ウレタンフォームを
一体化した複合断熱パネルです。

 

もともとコルクが持っている
断熱性、弾力性、吸音性、
対害虫性、調湿効果に加えて、

 

あえて炭化させることで、
炭の特性も加わり、
吸臭性、ホルムアルデヒド吸着、
マイナスイオン効果、
遠赤外線効果もあります。

ジョイコスパネル

複合断熱パネル

 

 

 

 

 

一般的に多く使用されている
断熱材であるグラスウールで
同じ断熱性能を求めようとすると
2倍の厚みが必要になります。

 

つまり、
グラスウールの2倍の性能

ということです。

 

そして、この断熱パネルは、
柱と同じ厚さで、柱の太さ同様
105ミリあります。

その上、このパネル自体非常に強固で
このパネルが柱と柱、土台と桁(ケタ)に
隙間なく、はめ込まれることで
耐震強度も強くなります。

なので、
建物自体の揺れの軽減にも
大きく寄与します。

 

しかしながら、
あくまでもこのパネル自体は
断熱パネルなので、

耐震に関しては、
別の素材での認定を取っています。

 

言うならば、
断熱パネルでありながら、
耐震の補助的な役割もしてくる優れものです。

そしてこの断熱パネルは、
すべて、1つ1つの家の設計図から、
1枚づつ工場で職人さんによって
作られている、オーダーメイドの
パネルになります。

工場見学

 

 

 

 

 

パネルを実際に作っている様子は、
岩手県花巻市の工場で見学が可能です。

さらにここでは、
気密、断熱、換気についての
ミニレクチャーも受けることができます。

多くの方が、この工場見学で
失敗しない家づくりのための
知識を勉強されています。

 

 

 

③換気の配管

気密、断熱と来て、
最後は換気です。

 

24時間換気システムでは、
たった1つのモーターで、
家一軒分の換気をします。

 

なので、
なるべく空気の抵抗がないように
太い配管を使って、
なるべく大きく曲げずに
配管していきます。

 

 

 

 

 

 

そして、
この換気について考える時も
気密のことが関わってきます。

 

なぜなら、
気密が良くないと、
給気口から外気を吸い込むはずが
意図していない隙間から
空気が入り込み、
本来の計画換気が出来なくなるからです。

以上、構造見学会の見どころ3点のご紹介でした!

 

 

最後に、、
家は、一生に一度の大きな買い物と言われています。
本当に大きな決断です。

 

そして、
新築時に住宅ローンを組んで、
数十年かけて支払いをすれば良い!

というものでも無く、
(ここは本当に注意です)

その後のメンテナンス、維持費が
必ずかかります。

 

どうしても、
新築の費用にばかり意識が
向いてしまいますが、
家は建てて終わりではなく、
住み続けるものです。

 

これから、
家づくりを検討する方に
是非とも知っておいてほしい
言葉があります。

 

「無知はコスト」

 

知らないということで、
コストがかかる事があるんです。

ムダな光熱費

ムダな光熱費

 

 

 

 

 

 

例えば、
申請すれば必ずもらえる
補助金や助成金も
それ自体を知らなければ
もらえません。。。

 

住宅性能の重要性も
プランニングの段階で知っていれば、
少しでも性能の良い家づくりができます。

わずかなエネルギーで、
夏は涼しく、冬は暖かい、
その後、何十年と続く
ランニングコストを抑える家づくりを
選択することも可能です。

性能、性能と
性能ばかりを言ってますが、
性能だけが重要な要素と言っている
訳ではありません。

 

立地やデザイン、間取りも
とても大切な要素です。

 

それに、
立地でもコストは大きく変わりますし、
デザイン一つとってもコストが変わります。

 

 

 

 

 

住宅の性能は、
立地や、デザイン、家の大きさといった
分かりやすいコストとしては見えづらい。

 

だからこそ、
構造見学会では
見えないコストについて

見ていただきたい!

家づくりに遠慮は禁物!気になったらすぐにご相談を!

暖かい家づくりサポーター

村上洋樹
Facebookでも日々の情報を発信しています。
友達申請お待ちしています(*^^*)
Facebookコメントはコチラから

メールでのお問い合わせ
コチラのフォームからお願いします。

カテゴリー

オススメ記事はこちら

高気密 高断熱 換気 1

Contents1 盛岡で暖かい家に住みたい。1.1 まずは「気密」1.2 次に「断熱」1.3 最後に「換気」1.4 まとめ 盛岡で暖かい家に住みたい。 盛岡に住む人なら誰でも思う事だと思います。家を ...

ビニールハウス 2

寒い盛岡で、暖かい家に住みたい! そんな願望を叶えてくれる設備の1つが床暖房です。 冬の寒い時期に大活躍する床暖房は、 北国に住む人なら一度は憧れる設備だと思います。 床暖房いる?   そん ...

-イベント・ワークショップ
-, ,

© 2021 盛岡の暖かい家 高性能住宅 田村工務店 Powered by AFFINGER5