暖かい家造り 社長ブログ

新築での失敗しない土地選びのポイント。ハザードマップでリスクの確認をしよう。

これから新築住宅を建てられる方で土地から探さなければ

 

いけない方も数多くいると思います。

 

売地を買う前に土地のリスクを知っときましょう。

 

今回は新築住宅での土地探しのポイントとしまして

 

ハザードマップ編を解説していきます。

 

 

青森県むつ市の工務店、気密ドクター村舘が解説していきます。

 

 

ハザードマップを確認する事で、その土地のリスクを知ることができます。

 

こんな方におすすめ

  • これから土地を買って新築住宅を考えている方
  • 親から土地をもらって新築住宅を建てる方
  • 住んでる地域のリスクを考え対策したい方

 

 

ハザードマップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の住んでいる青森県むつ市でも

 

ハザードマップは作成されております。

 

完全ではないのですが・・・

 

 

各地域の市町村ごとに作成されています。(される予定です)

 

このハザードマップを見ることでリスク管理ができます。

 

津波

 

洪水

 

土砂崩れ

 

 

自然災害の起きた際のリスクが地図にて表示されています。

 

このハザードマップを確認することで

 

どのくらいリスクがあるのかを確認できます。

 

 

洪水

 

 

 

 

 

 

 

ハザードマップには様々な自然災害の情報があります。

 

その一つが洪水

 

近年、梅雨時期や台風時期に大きな洪水等の被害があります。

 

 

事前に住んでいる地域の予測を知って置くことが大切です。

 

浸水が想定される地域には地図に色がつけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色がついているところが浸水が予測される範囲です。

 

50cm未満だと黄色

 

50cm以上3m未満だと肌色

 

床上浸水するライン

 

1階が水没するライン

 

そんな感じで、色分けされています。

 

住みたい地域、住んでいる地域によって考える必要があります

 

 

 

 

土砂崩れ

 

 

 

 

 

むつ市の情報です。

 

大雨による洪水と同じくして、土砂災害もあります。

 

近年は土砂災害も頻発しています。

 

ハザードマップでは、土砂災害の情報もあります。

 

 

いわゆる崖地や急傾斜地の側が該当してきます。

 

 

また、青森県の条例で「崖地規制法」があります

 

 

整備されていない崖地のそばでは住宅を建てることができません。

 

 

急な斜面のそばに新築住宅を建てる際はチェックが必要です。

 

 

 

 

津波

 

 

 

 

 

 

東日本大震災以降、津波には気をつけているかと思います。

 

想定される浸水域も確認することができます。

 

特に、平野部、海沿い

 

海抜が低い地域は注意が必要です。

 

皆さん自身の住宅という財産を守る為にも

 

確認しておきましょう。

 

想定外の事はこれまで様々起きています。

 

 

 

 

ハザードマップ以外での情報

 

 

 

 

 

 

 

ハザードマップ以外でもリスクの管理はできます。

 

地盤調査会社が出しているデータです。

 

これを知ることで、様々なリスクも知ることができます。

 

地盤調査の会社の長年のデータの蓄積のおかげですね

 

ありがとうございます。

 

地盤サポートマップ

 

 

 

 

 

 

 

地盤調査は基本的に

 

土地購入前にはできません。

 

土地購入前に近隣の過去のデータを見ることができます。

 

それが「地盤サポートマップ」です。

 

アプリでもダウンロードできますので気軽にダウンロードしてみて下さい。

 

 

欲しい土地の近隣の地盤の状態をある程度確認できます。

 

 

近隣の情報ですので、あくまでも参考程度にして下さい。

 

 

実際は調査しなければ確定できません。

 

 

地盤が強いのか、弱いのかで住宅の資金計画が変わります。

 

 

ある程度の目安をつけやすくなると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

液状化

 

 

 

 

 

 

 

サポートマップには液状化の情報もあります

 

液状化しやすい地域かどうかをある程度みれます。

 

実際は、地盤調査の際に追加で調査しなければいけません。

 

 

地下水位を調べます。

 

 

場合によっては、液状化に対する改良工事もやってくれます。

 

 

大きな地震が来ると液状化現象もおきますので注意が必要です。

 

 

それでも、情報として知っているかどうかは大きいです。

 

 

知っていると、保険等で事前に対策が講じれます。

 

 

 

 

揺れやすさ

 

 

 

 

 

 

揺れやすさについても調べることができます。

 

 

地震が起きた時に、揺れやすい揺れにくいがあります。

 

 

揺れやすいという事は、それだけ躯体に負担がかかります。

 

 

住みたい地域、住んでいる地域の情報を

 

 

改めて確認する事は必要です。

 

 

まとめ

土地選び、土地探しで

 

リスクを知る事は大切です。

 

どのような土地でも多少はリスクがあります。

 

リスクを知る

 

 

皆さん自身の新築住宅という財産守る為に必要な行為です。

 

 

長い住宅ローンを組んで建てる大切な住宅

 

 

土地のリスクを知って危機管理をしましょう。

 

youTubeにて動画でも解説してます。

 

有益な情報をお届します。

 

チャンネル登録お願いします。

 

 

 

 

 

 

 

株式会社村建ハウジング
気密ドクター
村舘 洋介

 

 

 

 

 

時代は工事してくれる会社が
求められているのではなく、
相談できる会社が求められています。

相談したい方はすぐにお電話を

TEL:0175-23-8486

メールでのお問い合わせは
こちらのフォームから
お願いいたします。

facebookでも情報発信してます。
友達登録お願いします

youtubeにて動画配信しています。
チャンネル登録してくれると
励みになります。

 

おすすめ人気記事

-暖かい家造り, 社長ブログ
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2020 暖かい家、床暖房のいらない家、失敗させない住宅専門家|村建ハウジング|青森県 Powered by AFFINGER5