気密棟梁が直接施工する床暖房の いらない365日素足でも確かな 楽しい健康で長生きの家

地場工務店の気密棟梁が造る 暖かい高気密、高断熱住宅 青森県南部、上北郡、清川工務店

アフターケア

欠陥かな?故障かな?と思う前に

住宅性能を最大限に発揮させ、いつまでも快適にお住い頂くためには、知っておくと便利な情報があります。また、住宅が高性能ゆえに守っていただきたい使用法もあります。欠陥では?と思う前に以下の点にご注意下さい。

換気装置は正常に働いていますか?
結露しないといわれたのに結露が発生する。臭いがこもる。それは、以下の原因が考えられます。

1-新築時の結露発生。

寒い季節の新築お引き渡しの後で、まれに窓ガラスに結露が発生することがあります。これは、新築時結露で、使用した部材や建材等から放出された水分が窓ガラスに結露する現象です。この様な場合の結露は、2〜3日から遅くとも一週間を経過すると自然に消えてしまいますから問題はありません。もしもそれ以上続いたり、窓ガラスがびしょびしょになるような結露の場合は、他に原因が考えられますから速やかにご連絡下さい。

2-計画換気装置は24時間換気が原則です。

室内が換気不良になると余分な水蒸気が排出されずに結露することがあります。機械力による計画換気は留守にする時にもスイッチを切らないことが原則です。換気装置の電力は微々たるもの(一月、コーヒー一杯分程度)ですから、換気装置は24時間つけっぱなしにしておいて下さい。また、簡易ガスコンロ等で鍋料理などをした場合、まれに窓ガラスなどに結露することもありますが、コンロ使用後、30分以内に消えてしまうようであれば問題はありません。

3-室内に不快な臭いがこもる。

窓を開けているからと換気装置をオフにしていませんか?計画換気装置の場合には、室内・トイレ・キッチン・風呂場などの換気も同時に行っているので、窓を開けている時でも換気装置を止めてはいけません。計画換気装置は24時間運転が基本です。窓を開けた時や、夜などに計画換気装置を止めてしまうと臭いばかりではなく、室内空気の汚染や余分な湿度で空気質が悪くなり不快になります。換気装置は、給気口から新鮮な空気を採り入れ、それが肌に感じない程度の室内気流となって冷暖房空気を室内全般に運ぶ働きもあり、冷暖房装置の効率を高めています。

故障かな?と思う前に日頃のお手入れを。

1-給・排気口(内・外)を掃除していますか?
※鳥や蜂が巣を作ってふさいでいる場合もあります。給・排気口はこまめに点検しましょう。

2-給・排気口の外側がふさがっていませんか?
※給・排気口の外側は、ビニールや紙、ゴミなどでふさがらないように常に点検して下さい。

3-給気口を締めすぎてはいませんか?
※給気口で給気している場合には、室内側の給気口を締めすぎて、室内に新鮮な空気が入らない場合があります。適正に外気が取り入れられているか給気口に手をかざしてみて下さい。

冷・暖房が効かない様な気がする。

1-新築、お引き渡し直後
夏のお引き渡しの場合、工事中は日射を遮蔽するカーテンなどが設置されていないので、室内に日射が差し込み室内全体が暖められた状態になっています。お引き渡し直後は、1階・2階の窓及び、トイレや浴室の窓や玄関ドア、勝手口ドアなどを閉め忘れていないか点検して、エアコンを少し強めに運転して下さい。暖房の場合も同じ事がいえます。省エネルギーで冷・暖房装置を運転している高性能住宅では、気密や断熱性能を損なう状況を取り除くことが重要です。

2-日射遮蔽、日射取得は充分に行っていますか?
夏の暑さ対策は、日射遮蔽で冷房の効きがかなり違います。逆に冬は、日射を取得する工夫で室内の暖房効果が高まります。日射の遮蔽や取得で、日射をうまくコントロールすることで、冷・暖房の快適性や冷・暖房経費は格段に異なります。

マイホームドクター・訪問サポート

弊社では、お建て致しました住宅に、いつまでも快適にお住まい頂くため、定期的な点検サービスを実施しております。 「マイホームドクター」として、担当者が定期訪問サポートにお伺い致し、皆様の大切な住宅をバックアップしております。住宅に関することならは、何でもご相談下さい。弊社はいつでも、いつまでも皆様の住宅をお守り致します。

1:訪問日のご連絡

●お客様は次ページの表のスケジュールに沿って、事前に点検箇所の下見をしておいて下さい。

2:担当者が訪問致します

●電話またはハガキで日程を事前にご連絡申し上げ、担当者がお客様をご訪問致します。


3:こんな点検を行います

●経過年数により決められた項目をお客様立ち会いのもとでチェックします。
●その他お気づきの点がありましたら、遠慮なくお申しつけ下さい。


4:問題点の対処

●チェックされた項目、またはお客様からご要望のあった補修・改修を実施します。
●有償の場合は必ず事前にお見積もりをお出しして承諾をいただいた上で対処します。


5:確認

●実施された補修・改修については担当者がチェックし、お客様のご確認をいただき終了します。

住宅の寿命は、こまめにお手入れすることで、格段に長くなります。

私達が病気の場合は、軽い風邪や小さな傷でも手当が必要です。放っておくと悪化して、取り返しのつかない事態にもなりかねません。住宅の場合も同じで不具合や傷が付いたら、すぐに補修しておけば後々大きな問題は起きませんし、補修経費も少なくて済み、住宅の価値を損なわずに長持ちさせることが出来ます。建て主の皆様に常に最良の状態でお住まい頂くため、こまめでしかもタイムリーな定期点検を実施しています。皆様の大切なお住まいをいつまでも真心と責任を持ってお守り致します。

マイホームドクター・スケジュール
点検スケジュール
こんなところがチェックの要点、注意点。

NO.1
新生活の始まりです。夢に描いたすまいの手ざわりをスミからスミまで、お確かめ下さい。
入居時
●取扱説明書をよく読み、設備機器、換気装置などの操作方法などを試してみて不確かな部分は、担当者にお尋ね下さい。
●今までの住宅設備とは随分変わりますから、どんな小さな事でも遠慮なく質問して下さい。
●専門家でなければ扱えない部分や知らなくて当然の部分もありますから、安全のためにも疑問点は遠慮なく質問して下さい。

NO.2
もう慣れましたか?生活の動きがスムーズでない時には家具の配置を工夫してみましょう。
1週間以内
●住宅の設備機器、建具はすべて正常に作動しますか?もしも疑問があったら遠慮なく質問して下さい。
●換気装置は止めていませんか?外出時にも換気装置は止めないで下さい。換気装置を止めてしまいますと結露や室内に臭いがこもる原因になります。
●電気器具なども扱いに不安がある場合には、遠慮無く質問して下さい。

NO.3
暖かい、涼しい、ゆっくり眠れる、動作が楽だ…以前の住宅との違いを、肌で感じて下さい。
6ヵ月目
●もう新居の生活にも慣れられたと思いますが、設備面でまだ分からないところや疑問があれば、遠慮なく質問して下さい。
●換気装置、冷・暖房装置は正常に作動していますか?操作が間違っていますと効率が悪くなりますから疑問があったら質問して下さい。
●新築後6ヶ月もたつと季節も変わっています。冷房が暖房になり、暖房が冷房に切り替え時期のお宅もありますから、操作が分からないときや疑問がある場合は遠慮なく質問して下さい。

NO.4
もう充分慣れましたか。四季の変わり目も穏やかに感じる快適な室内空間をお確かめ下さい。
1年目
●出来るならば、換気システムのフィルターの汚れぐあいを点検して下さい。汚れていたら交換や、掃除していただくと装置に負担がかからず快適性がいつまでも持続します。
●エアコンなどの冷・暖房装置のフィルターも点検時期です。フィルターの交換や掃除で冷・暖房装置の効率はいつまでも変わらず快適に生活できます。

NO.5
家の中にいると極端な暑さ、寒さを感じない。それが健康住宅の条件です。
3年目
●台風や四季折々の様々な自然条件を体験し、住宅にも相当負担がかかっています。屋根や外壁などの異常はありませんか?異常を発見したら速やかにご連絡下さい。早期発見、早期補修が住宅を長持ちさせます。
●家族構成の変化で小さなお子さまがいるご家庭などでは、結露などが発生してあわてる場合もあります。洗濯物など多量に室内に干してはいませんか?家族構成の変化による対応策なども一緒に考えましょう。

NO.6
1年を通じて均一な室内環境を保つ。この快適性がこれからもずっと続きます。
5年目
●新築してから5年がたちました。日常的に問題はございませんか?住宅全体を見回して不具合な箇所があればご相談下さい。
●設備機器、建具などは正常に作動しますか?設備の中には部品の交換時期がきている物や寿命となる物もあります。おかしいなと思ったら遠慮なくご相談下さい。早期の対策が設備機器を長持つさせます。

NO.7
傷みは小さな内に補修。それが長く大事に住むコツです。
7年目
●今まで大丈夫な部分も、時間が経過するにつれて様々な問題が発生してくる頃です。台所、洗面所、浴室など、水回り関係は大丈夫でしょうか?水漏れなどが発生している場合には、補修が必要です。
●屋根、外壁などの点検も必要です。
●白蟻の蟻道などにも注意が必要です。傷みや傷は小さな内に補修しておけば重傷にはなりません。

NO.8
ライフスタイルの変化も考えて。「さらに快適に」する発想で住まいをチェック。
10年目
●新築からもう10年です。この住宅は、住めば住むほどその良さが実感できる住宅です。
●設備機器、建具などは正常に作動していますか?設備機器の交換や建具なども点検・調整が必要となっている時期です。
●子供の成長などで、家族構成が変化する時期でもありますから、増・改築なども遠慮なくご相談下さい。
●電気設備は壊れていなくても、イニシャルコストとランニングコストを比較して更新も視野に点検・検討してみて下さい。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

気密棟梁こと清川裕樹です!

気密棟梁

本当の高気密高断熱住宅を日々
追求しております。
床暖房のいらない暖かい家に
興味があるかたは
お気軽にお問い合わせください。
TEL 0175−64−6376

日々の仕事ぶりは
フェイスブックをご覧ください。
お友達申請お待ちしております。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★ 

Copyright© 地場工務店の気密棟梁が造る 暖かい高気密、高断熱住宅 青森県南部、上北郡、清川工務店 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.