暖かい家づくり 間取り ポイント1 プランニング

更新日:

気密隊長こと槇 秀高です。

今日は暖かい家の間取りについてご説明させていただきます。

今回は冬の寒い時期のお話です。

最近当社のホームページをご覧になって
他社で新築した方
「冬寒いのでどうしたら良いのか教えて欲しい。」
設計図を持ってご来社されることがあります。

どのように「寒い」と言われたのか?
① 入浴時、湯船に浸かっても
どんどんお湯が冷めて来てしまい
浴槽の底が冷たくてお尻を付けられない。
(那須塩原市 S様 築3年)

② 高気密高断熱で3階建てで新築した
1階:玄関・浴室・脱衣室・主寝室
2階:LDK吹き抜け・収納室・トイレ
3階:子供室2部屋
こんな間取りでした。
断熱材は現場ウレタン吹き付け(100倍発泡のみ)
憧れだったリビング階段
寒い時期、上の階から冷気が降りて
とても寒く、そこを塞ぎたい。
まだ子供が小さいので1階の主寝室で家族4人で寝ていると
敷布団の下面カビが沢山付いていた
お風呂も寒く、服を脱ぐにも抵抗がある。
など。
(宇都宮市 E様 築1年)

③ 高気密高断熱で平家を建てた。
しかし、猛烈に寒く
室内にも関わらず、息が白いです。
には結露が毎日出て、カビが沢山いてます。
建て直したいです。
(那須塩原市 T様 築4年)

④ 憧れの床暖房付きの2階建て。
床暖房を付けるととても快適です。
しかし、光熱費が高く殆ど使っておりません。
毎日エアコンと石油ファンヒーターで暖を取ってます。
でも、足元は床が冷たくて、妻は厚手の靴下履いたり
スリッパも履いてないといられません。
また、床暖房のメンテナンス費用心配です。
勿論、窓は結露でビッショリです。
(大田原市 T様 築3年)

⑤ デザイン重視でカッコイイ平家を建てました。
高気密高断熱が標準で、しかもカッコイイ
エアコンの空調も完備してます。
しかし、足元は寒く広い部屋は少し低めの室温
トイレなど狭い空間は暑い。
温度差大きくて、顔の辺りが暑くて、足元が冷たい
メンテナンスがかかり過ぎなので、これからお金が
沢山掛るので心配
(那須塩原市 S様 築1年)

他にも沢山後悔された方が沢山いらっしゃいますが

寒い理由のほとんどは
① 気密測定試験を行っていない。
※気密工事を徹底していない。(業社)
② 樹脂サッシを使用していない。
③ ダクトレス換気システムで
入り切りのスイッチ付きの物である。
④ エアコンの間欠運転で使用している。
⑤ 暖房容量計算を行っていない。
⑥ 断熱工事を安易に考えている。(業者)

今まで上げた内容を踏まえ、
その土地状況日射
方角環境などを考慮して、
お客様の家族数、住まい方など
ヒアリングしてからプラン二ングをいたします。

当社で建てる「床暖房のいらない家」の室内
ほとんど温度差生じないことから

間仕切り壁やドアなども最小限に抑えられるので、
吹き抜け階段のあるリビングなどでも、
上から冷たい空気が降りて来て
寒い思いをすることもありません

他のハウスメーカーさんとは
プランを設計する前から
プラン二ングの考え方が異なります。

当社は当社ならではの住宅性能を最大限活用し、
夏はなるべく日射を遮蔽し、
西面窓の面積をなるべく少なくしたり
(西日は横から部屋の奥まで差し込むため)
その土地で家の方角配置周囲の状況など
考慮し、日射趣味レーションを行います。
単に動線や使い勝手だけでプランニングしません。
その家で高齢になっても過ごしやすい様
階段の傾斜も、非常に緩やか
昇り降りし易くなります。

以上のことを踏まえ、
地震が多いこの国で
柱の直下率100%を目指して、
1階2階同時に考えながら
プランニングすることで、
健康快適で省エネルギーも良く、
しかも丈夫な家となる様に設計します。

換気の設計
プランが確定すると
次に換気の設計を行います。
当社では、125πと太いダクトを
天井裏などに配管するため
構造躯体との干渉が大きいため
初めから配管計画を出します。
高気密高断熱住宅で換気は
最も重要です。
換気の経路、空気の流れ、家族数
建物の大きさ、呼吸による
二酸化炭素排出量、これらを踏まえ
住む人が快適に暮らせる様に計画します。

 

床暖房のいらない暖かい家 人気記事

-社長ブログ, 間取り
-

Copyright© 暖かい家づくり、床暖房のいらない家づくり、後悔しない家づくりのプロ|セルシオール株式会社|栃木県 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.