床暖房のメリット,デメリット 後悔している理由とは?本当はいらない床暖房

更新日:

「本当に性能が良い家は
床暖房なんていらない!」

こんな事を言い続けて20年!
未だ寒いと言われたこともなく
快適そのもの!
おかげさまで
新築された全てのお客様から、満足の声と
親しい関係が続いております。

 

そこでどの程度暖かいのか?

栃木県で外気はマイナス7度に
なる日もあります。

しかし、家の中のエアコンの
設定温度を23度にすると!

エアコンの風もわずかな微風で
時計まわりの天井温度は
ちょっとだけ暖かく
23.2度

床の温度も22.4度

部屋のカドでも22.3度

広いリビングも
温度差1度以内!!

 

この環境では仮に床暖房を入れると
返って暑くなり過ぎて不快になる程です。

では、なんで「床暖房がいらない」のか?
それをお話しする前に床暖房の種類をお話しします。

床暖房の仕組みと種類

床暖房は大きく分けると2種類

一つは電気式

もう一つは温水式
更に熱源としてはガス式・灯油式
・ヒートポンプ式に分けられます。

 

電気式床暖房

文字通り、電気によってそのまま床の
表面温度を上げる単純な仕組みとなっております。

その中で、フロアーの内部に仕組まれているものと
耐熱フロアーの下にフィルム式の熱線を
敷くタイプのものなどが有ります。

メリットとしては、温水タイプの床暖房に比べ
設置費が安価である。
また、スイッチを入れてからの
表面温度の立ち上がり方も
温水タイプに比べ早いこと。

また、施工が簡易的なこともあり
床暖房エリアをコンパクトに
複数箇所設置も出来る事など挙げられます。

逆にデメリットは

それはランニングコスト!
いわゆる電気代です。

一の電力に対して
一の熱しか出せず
付けっ放しにすると
とんでもない電気代の請求が来ます。

 

温水タイプの床暖房

熱源が温水で有り、温水を通すパイプの配管が
床下に張り巡らされ、その上に
耐熱フローリング、耐熱フロアーを敷きます。
そうする事で床暖房として暖かくする仕組みです。

お湯にする為に、ボイラーが必要で
そのボイラーも、電気式のもの
ガス、灯油とあります。

メリットとしては
大きな面積も対応できて
設置面積にもよりますが
電気式の床暖房に比べて
ランニングコストが低い事があり
長時間の暖房も比較的安価である。

デメリットとしては
設置費(イニシャルコスト)が大きい!
勿論設置面積にも比例しますが
電気式に比べ
配管工事とボイラーも含まれる事

更に、メンテナンスコストとして
専門業者に数年に1度は
パイプ内の不凍液や破損箇所、ボイラーの点検
などが挙げられます。

表面温度の立ち上がりに至っても
設置面積にもよりますが
電気式に比べると
圧倒的に遅い事。

どちらも共通して言えること

私は以前、建築資材販売会社で
営業しておりました。

床暖房も電気、温水双方何セットも販売し
初めは「床暖房いいなぁ!」
と思っておりましたが
殆どのお客様が
せっかく設置した床暖房を使っていません。

答えは

「光熱費がバカ高い!」
でした。

床暖房による部屋の暖め方

頭寒足熱と言うように
床暖房は魅力溢れる商材です。

床暖房は床から熱伝導(直接伝わる熱)と
床から輻射熱(天井に向かって広がる熱)とで
部屋を暖める仕組みとなっております。

エアコンや石油ファンヒーターは
暖められた空気をファンによって
強制的に空気の流れを送り
対流熱によって部屋を暖めるので
同じ暖房器具でも暖めかたが
異なる原理となります。

やはり熱の大きさを左右するのも
建物自体の断熱性能によって

 

メンテナンス費について

電気式床暖房

電気式は殆ど気にする必要もなく
床自体に熱線が施されていて
それ自体通電させているだけの仕組みなので
水をこぼしたり、ペットの尿など
水分を気にする程度です。
しかし、万が一の故障などでは
修理ができない物
或いは
数年経つと廃盤で
既に物が無い事もあります。

温水式床暖房

温水タイプでは
温水にするための音源(ボイラー)が
故障やトラブルが多く
修理が必要となる場合があります。

それと温水を通すパイプに不凍液の入れ替え

さらには温水パイプの経年劣化などで
パイプ自体に劣化し、水漏れを生じた場合
破損箇所の特定が困難だという事

さらには
温水タイプにもよりますが
コンクリートに埋設するタイプは
修理が不可能のものもあります。

ISO7730(世界標準基準)

冬の寒さを感じない6つ要素

① 効果温度22℃±2℃=20〜24℃
・効果温度とは室内の空気の温度と天井、床
壁、窓などの表面温度(放射温度)の平均を
表しております。
例:(室温20℃+表面温度16℃)÷2=18℃
この温度が体感温度となります。
これは断熱性能が大きく関わっており
断熱性能が高いと空気の温度に近づきます。

② 頭部と足元の温度差3℃以内

③ 床表面温度は26℃以下


④ 平均気流速度は0,15m/s以下

⑤ 冷壁面(ガラス面など)と放射温度の
温度差10℃以下

⑥ 天井加熱面の表面は+5℃以下

床暖房の表面温度は30℃程度
ISO7730の世界標準基準を当てはめると
床暖房だとだいぶ温度が高いと思われます。

 

世界標準基準から大きく
逸脱しております。


(日本床暖房工業会より引用)

自己判断してください!

 

床暖房がなくても暖かい家があるんだよ

もし、床暖房がなくても
冬、素足のままでも
床が冷たくなくて
家中快適に過ごすことができたら?

真冬、外が寒くても
家の中が23度で
しかも
小さなエアコン1つで
23度設定温度にすれば
床も壁も天井も23度

こんな住宅なら
光熱費も少なくて済みます。

更には
家中どこの部屋も、押入れの中も
トイレも浴室も同じ23度であれば
冬の寒い日でも
快適に過ごすことができます。

こんな住宅が存在するのか?

実際に存在するんです!

床暖房を必要としない快適な住宅であれば
大きな設置コストやランニングコストも
抑えられるどころか
メンテナンス費もかからなくて済みます。

統計では床暖房を設置してから
年々、使用頻度は減少し
やがて使用しないご家庭が
増えている現状なのは
おそらくランニングコストが大きいのと
ISO7730で発表されている
床の表面温度26℃以下!
このことから、床が暖かくなりすぎると
これが人間には「不快」に感じてしまったり
してしまうからでは無いのだろうか!

気密と断熱がしっかりしていれば床暖房はいらない!

私共の建てる家は「床暖房のいらない家」です。

なぜ床暖房が必要ないかというと
まずはこちらをご覧ください!
皆さんはどちらが
上下の温度差が無く暖かくなると思いますか?

それでは解説して参りましょう!

暖房器具によって
暖められた空気は軽くなり
上昇します。

Aのビニールハウスの表面温度は
ビニールは断熱材では無いので
外気温そのもの!
よって上昇した暖かい空気が
上部の冷たいビニールにぶつかると
空気が冷やされ下降します。
下降した空気がまた暖房器具によって
暖められ上昇し
これを繰り返すことによって
「対流」が生じ
上部と下部の温度差がなくなります!

よって正解はAのビニールハウスでした!

では、断熱材で覆っている
Bのグラスウールハウスは?

暖められた空気は上昇し
グラスウールの繊維の隙間を突き抜け
上部から暖められた空気が逃げて行く

そしてハウス内の空気は逃げた分だけ
真空にはならずに
外気の0℃を下部から侵入させることによって
足元はいつも冷たい状態が続いてしまします。

Aのビニールハウスはというと
気密だけ良くても
そこには結露が発生しており
それを塞ぐには
ビニールハウスの上から(外側)
グラスウールで覆うことで
暖められた空気を保温することができます。

結果

隙間が多いと
上下の温度差が生じてしまい
足元が冷えてしまう事を防ぐために
床暖房が必要なのだと言っても
過言ではありません。

 

床暖房がなくても暖かい家!お客様の声

那須塩原市
黒田 和幸 様コンパクト25坪の平屋に6畳用エアコン1台
「床暖房のいらない黒ちゃん家」
真冬の寒い中でも、仙台の実家から来た両親が
「随分と床があったかいね!」と言われる程
暖かくて確かに床暖房は必要ありません。
暖房器は6畳用エアコン1台のみですが
とても快適に暮らせております。

朝晩も暖かくて楽なんですが
それより今まではトイレに行きたくなると
寒い時には我慢して行きずらかったのに
気構えすることなく、起きられます。
最近では、レンタルビデオ店やコンビニに行って
催した時も、店舗のトイレが
寒かったり暑かったりするので
自宅のトイレまで我慢します!

建て売り買わず
「床暖房のいらない家」で建てて
大正解でした!

 

大田原市
林 雄士朗 様

凄すぎる『床暖房のいらない家』
今まで見て来た高気密高断熱の家が
まるで普通の家に感じるほど
超越した別次元の高気密高断熱!

靴を脱ぎ、ホールに足を着くと
まるで床暖房が入っているかのような
暖かさ!
とっても大満足しています!

 

大田原市野崎
松本 様

一生に一度建てる家だからこそ
気密・断熱・換気について
かなり勉強しました。

理由は失敗したくないからです。

入居した時期は冬でした。

でも家の中は「物凄く快適!」
真冬でも素足のままです!
もちろん
確かに寒い時でも床暖房はいりません。

普通のフローリングの部屋とは別に
タイル貼りの部屋があります。
そこも素足で全然平気!
凄いです!!

 

 

大田原市
中川 仁志 様

床暖房のいらない家
そんな嘘のような家、本当にあるの?
雑誌で見て、疑っておりました。

電話で問い合わせて
実際に住まわれている方の家を
体感させていただいた時の事

冬の寒い日に
建主さんが快く家の隅々まで
見せてくれて、丁寧に説明して
いただきました。

当初感じたのは
玄関を開けたら全く外とは違い
玄関ですら暖かいんです。

しかも家中が殆ど同じ温度で保たれて
とても快適で驚きでした。
確かに「床暖房なんかいらない家」でした。

「床暖房のいらない家」で建てて
家族全員快適に暮らしております。
主人は「このクオリティでこの価格は安い!
と絶賛しております!

家族全員大満足です!

他所で建てた友人たちも
我が家に来ると
とても驚いて、羨ましそうにしてますよ!

最高快適な家です!

 

宇都宮市
齋藤 様

通勤路で目にした看板
床暖房のいらない家

胡散臭い!

初めての印象は
疑いからでした。

現場見学会には必ず行って確かめよう!
そう思い、その現場に行き
自分で確かめて見ました。

実際に体感して見ると
予想していたより
遥かに暖かく
これなら確かに
床暖房なんていらない!
しかも、各部屋とも温度差無く
適温なんです!

実際に住んで見て
我が家では
中型犬3匹一緒に住んでます。
あまりにも快適すぎて
散歩に行きたがらないんです。

外に出かける時は
外がどれだけ寒いのか
家に居ると全くわからないので
一旦外に出てから上着を決めます。
少し面倒です。(笑)

 

結論

住宅性能が良い
床暖房はいらない!

なんちゃって高気密高断熱一般住宅
床暖房が必要である!

このような結果と考えられます。

もっと知りたい方
もっと勉強したい方は
「暖かい家づくり、
床暖房のいらない家づくり
後悔しない家づくりのプロデューサー
気密隊長こと槇 秀高」までご連絡下さい。
090–3045–0350まで。

フェイスブックへのコメントはこちらから

 

 

 

 

床暖房のいらない暖かい家 人気記事

-社長ブログ
-, , ,

Copyright© 暖かい家づくり、床暖房のいらない家づくり、後悔しない家づくりのプロ|セルシオール株式会社|栃木県 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.