暖かい家づくりの秘密がわかる「床暖房のいらない家」構造見学会結果報告

更新日:

2019年1月12・13日(土・日)
大田原市野崎にて
床暖房のいらない家joy・kos仕様」の
構造見学会を開催いたしました!

構造見学会の御礼

お忙しい中また寒い中
沢山のご来場
心より感謝申し上げます。

当社では
暖かい家づくり
 床暖房のいらない家づくり
 後悔しない家づくり」のプロとして
一世帯でも多くの方々を
幸せにして参りたいと
願っております。

本物の「高気密高断熱住宅」として
僅かなエネルギーで全室快適な温度となり
そこに住む方が抵抗熱費で
末長く健康で快適に暮らせる家を
一人でも多くの人達に広め
後悔しない家づくりを
これからも実行して参ります。

今後とも皆様のご期待に
お応えできる地元栃木県の一企業として
邁進して行く所存です。
今後共宜しくお願い申し上げます。

構造見学会当日の状況

今回の構造見学会は
前回の完成見学会に引き続き
完全予約制!とさせていただき
じっくりと説明させていただきました。

今回のご来場いただいたお客様全て
当社のホームページを
良く読んでいただいてからの
ご参加でしたので
高気密高断熱に対しての
基本的な知識が有り
当社の一番の得意とする
気密について
を説明させていただきました。

 

気密に特化!

開催当日の天気は
二日間とも晴れ。
日曜日の午後は強風となりました。

今回の構造見学会の目玉は
気密測定試験の実演!」なので
風が強いと影響を受けてしまい
気密測定試験が行えません。

今回のご来場いただいたお客様全て
気密測定試験の実演」を
ご覧いただくことが出来ました。

当社の「気密測定実演」では
なぜ気密が重要なのか?
気密測定の詳細と見方
過去の事例について や
気密の比較!を行いました!

実際の気密測定試験の結果シート
今回会場として測定した現場の数値は
相当隙間面積C=0,1cm2/m2と高水準!

ここ数年間、当社の建てる
床暖房のいらない家joy・kos仕様」は
全て0,1cm2/m2です!

これから家を建てる方々へ
こちらの気密測定のシートと
グラフの見方や意味を説明しました。

気密測定機の違い

左側の大きい方が通常気密測定用
右側の小さい方が0,5以下専用気密測定用

この気密測定機の違いも
県内ジョイ・コスメンバーしか
この0,5以下専用測定機を
使用していない事実や
測定時の施主様立会いの訳
過剰な漏気箇所への目張り
防止についても
詳しく説明いたしました!

更に!
ワザと隙間を開けて
C=0,1cm2/m20,3cm2/m2の違いを
体感して頂きました!
(写真は昨年夏に当社
構造見学会でのものです。)
すると、ご来場者全ての方々が
0,3はこんなに空気が入ってくるんですか!
と誰しもが驚かれ、全員0,1希望となりました!
数値的には誤差は小さくても
出入りする空気の量は大きく
隙間があることで
省エネ性、快適性が大きく
変わってしまう意味
ご理解していただくことが出来ました。

見どころ① 気密工事

当社の得意とする「気密
ただ単にC=0,1cm2/m2が
出せるわけでは有りません!

そこには見えない箇所への
工夫想いがあり
プライドをかけて取り組んでいる
職人と我々スタッフ
よるものだからなんです。

電気配線の断熱気密貫通箇所

電気配線も1本づつ貫通させ
断熱と気密処理を全て行います!

一般の方から同業者の方々も
当社の現場を見に来られますが
皆様からは「凄い!
ここまでやるんだ!
などの声をいただいております。

気密工事で使用する
「気密テープ」

左側がブチル気密テープで
主に上から石膏ボードなどで
抑えが無い箇所、コンクリートや
断熱材など粘着力が良く無いと
くっつきが悪い箇所用です。

右側が通常気密テープ
上から石膏ボードで抑えが効く箇所用

これらの気密テープを使い分けて
隙間という隙間を塞いでおります。

木材の連結箇所、断熱パネル
窓周り、配線配管全て処理します。


構造見学会では
こういった見えなくなる箇所を
見せ、職人とスタッフが
見せるためにしっかりやる!」を
意識させ、マンネリ化を防ぐためでも
あるのです。

最後には
きちんと断熱、気密工事ができたのか?
確認する意味でも
気密測定試験」は必ず行います!

自社目標数値でC=0,1cm2/m2以下
構造の段階ですと
改善や修繕も出来るので
クリアするまで気密を良くします。
だから
当社失敗しないので!」と
言えるのです!

 

見どころ② 樹脂サッシ

世界でも
今や地球環境や住環境にも
樹脂サッシは当たり前!
となりつつあります。

しかし
日本ではこの樹脂サッシの普及率が
10%と低く、未だに浸透しておりませんが
窓を強化するだけで
家そのものの性能が
大きく高くなります。

それが樹脂サッシです。

樹脂サッシ+トリプルガラス
(クリプトンガス入り)

窓から熱がどれほど逃げるのか?
またその逃げていく熱は
お金を掛けて温めた熱であり
その家に住む限り
生涯払い続けなくてはならない
光熱費」であること。

住宅は家具や家電、車では無く
生涯そこに人が暮らし、安らげる
空間で無くてはならない。
数年で買い替えも出来なければ
安易に考えてもいけない。

永く生活する場所だから
一番ケッチってはいけないのが
「窓」なんです!

2019年現在も、あと数年もすれば
クアトロ(4枚ガラス)の時代にもなる。
これから益々この日本も
より省エネ性の高く、より快適に!
が広がっていきます。

こんな想いを熱く語らせていただきました!

お客様からは
「このサッシだけでも高いんでしょ?」
の質問が多く
それに対して私は
「差額は光熱費で数年で逆転するでしょう!」
と説明しております。

お客様の反応は
結果、樹脂トリプルの方が断然いい!
がほとんどでした。

 

見どころ③ ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー

当社の建築する住宅は
全て
床暖房のいらない家joy・kos仕様」であり
ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー
受賞した仕様で建てております。


暖かい家づくりの秘密がわかる「床暖房のいらない家」構造見学会 まとめ

一人でも多くの方に
「こんなに快適な家」を広めたく
各イベントに積極的に
参加して参りました。

今回の「構造見学会」では
当社のホームページを
良く読んでからのご来場者ばかりで
性能重視」のお客様がご来場された
結果となりました。

本物の「高気密高断熱住宅」を探して
高気密高断熱に対する知識も高く
勉強されている方々でした。

気密の重要性
床暖房がいらない理由
なぜこのシステムで無くてはならないのか?
に特化して説明できたと思います。

今回の構造見学会は
今までに無い、最高の見学会でした。

ご支援・ご協力いただいた皆様
この度は遠方より寒い中
お越しくださいまして
誠にありがとうございました!

心より感謝申し上げます!

セルシオール株式会社
代表取締役 槇 秀高

フェイスブックへのコメントはこちらから!

床暖房のいらない暖かい家 人気記事

-イベント報告
-, , ,

Copyright© 暖かい家づくり、床暖房のいらない家づくり、後悔しない家づくりのプロ|セルシオール株式会社|栃木県 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.