断熱の技術

・断熱材は保温材
・湯のみ茶碗とガラスコップではどっちが早くお湯が冷めますか?

断熱の目的

気密性のいいモレない住宅は穴のあいていない
ビニールハウスと同じで温かい!
でも保温性のないビニールハウスは
暖房している間は温かいが、
暖房を止めたらアっという間に冷えていきます。

しかもビニールハウスの中には流れるように
結露が発生。
(別名結露発生住宅。)

穴のあいたビニールハウスではその穴から
結露の原因となる水蒸気(湿気)といっしょに
熱も出て行きますので結露するヒマがありません。
でもその穴から逆に冷たい外気が入ってきて
寒いし燃費もかかることになります。

そこで断熱とは!?
断熱材は保温材。暖房冷房した室温をいかに
外気温の影響を受けずに保てるかを問われるもの。

当然どんな種類・性能の断熱材でも
厚くするほど保温効果は上がります。

しかし、木造軸組み構法の構造上、
使用する断熱材の種類と施工方法などに
よって厚さに制限がでてくるので
断熱材の選択と施工方法の選択は
その住宅の断熱性能を左右することになります。

ジョイ・コスで採用する硬質発泡ウレタンは
熱伝導率=0.025W/mKと断熱性能が高く
水や水蒸気を透過させない
構造となっています。

このウレタンを壁では75~120mm厚、
床では105mm厚に注入加工して
断熱パネルとして製造しています

ウレタンの豆知識

ウレタンフォームには硬いウレタン
と柔らかいウレタンがあります。
柔らかいウレタンで代表的なのは
台所にあるスポンジです。
よく水を含み食器などを洗うには
便利なものですが
住宅の断熱材にはなりません。

対して硬いウレタンは冷蔵・冷凍庫
などにも使われていて、強度があり
水蒸気や水を通さないのが特徴です。

断熱施工はどんな商品でも難しく
繊細な注意が必要です。
現場では職人さんの手で加工し
一枚一枚施工することになるので
時間もかかるし天候も変る中で
精度を上げるのは至難の業です。
つまり、人によって仕上がりに
差が出ることもやむを得ません。

また、気密測定器でスキ間を測る
こともしないので現場の方を信用する
しかない現実があります。
しかし、近年、熱カメラ(サーモグラフィ)
なるモノが登場し、断熱施工の診断に
採用され始めています。

冬、外から熱カメラを壁や窓に当てると
断熱性の低い箇所や断熱欠損のある所から
熱がモレ赤く見えます。
(家の中から当てると逆にモレている所、
弱い所が青く見えます)。

しかも写真として残せるというところが業者に
とってはありがたくないシロモノです。

その点パネル化工法の良さは
断熱材そのものが工場で製造されるため
均一な性能が担保されるという所です。

現場での施工作業も、壁ははめ込み、
床は敷き込みと、断熱工事と気密工事が
同時にできることから施工する人の
上手下手・善し悪しが極力でないことが
ウリになっています。

 

もちろん、熱カメラでのぞいて見ても
断熱部の不良箇所もなく
安心感は何にもまさると思います。

ジョイ・コスで硬質発泡ウレタンを
素材として選んだ理由は、冷蔵庫にも
使われているように断熱性能として
トップレベルにあるという事。

次に、水 水蒸気を吸わない透過させないこと。
そして70~80℃の熱(夏、屋根の表面温度は
80℃にもなる)で溶けないことと
太ったりやせたりしにくい事。最後に、
断熱材そのものから有害物質を発散しない
商品として硬質発泡ウレタンを選択しています。

実は、断熱性能の善し悪しを決めるのは
断熱材の素材そのものではなく
断熱材の中に存在する空気なのです。
例えばグラスウールならガラス繊維の中にある
空気が断熱性能を決定するのです。

ウレタンやポリスチレンフォームの様な
プラスチック系断熱材は無数の独立気泡体を
閉じ込めて断熱性能を持たせています。

上 ウレタンフォーム(独立気泡体)の気泡を拡大した写真。

グラスウール等の繊維系断熱材は、
綿状の繊維が空気を閉じ込めていますから
水や湿気(水蒸気)がその中を透過します。
一方、プラスチック系断熱材は無数の気泡が
それぞれ独立しているので水や湿気を
ほとんど透過させない断熱材になっています。
※ただし、現場で吹付けるタイプのウレタン
フォームには水や湿気を透過させる種類も
ありますので注意が必要です。

連立気泡体(吹付け硬質ウレタンフォームA種3)

従って、水や湿気を吸う性質の断熱材は
別途防湿シート等による気密化工事が
必要で、その出来が壁内結露発生の
有無を決めることになります。

また、断熱材の中には天日の熱で溶けたり
劣化したり、あるいは化学物質を揮発する
ものもあり
我が家の断熱材は何をつかうのか?

 

 

実は断熱材選びは後々住宅内で起こる様々な
問題要因(原因)となるケースが多く
単純になんでも同じだろう
そんなことは起きないだろう
と安易に選択しないことが重要です。

関連記事

  1. 換気の考え

  2. 気密

    気密の考え

  3. 床暖房のいらない家

    床暖房がいらない本当の理由

  4. 気密

    気密の考え